商品カテゴリから選ぶ
メーカーから選ぶ
商品名を入力

2018年10月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2018年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

※赤字は休業日です

酸化グラフェンナノ粉末
商品コード:
GOX

酸化グラフェンナノ粉末

関連カテゴリ:
高機能材料 > 酸化グラフェン
Nano Graphene Oxide
Singlelayer Graphene Oxide
High Surface Area Graphene Oxide

High Porosity Graphene Oxide
Functionalized Single Layer Graphene Oxide
 

Nano Graphene Oxide

ナノ酸化グラフェン粉末
直径: 90 nm +/- 15 nm 
厚さ: 約 1 nm 
単層比: >99% 
純度: >99%
型番 品名 容量 価格
NANO-GO-P ナノ酸化グラフェン 100mg 36,000

Single Layer Graphene Oxide(Small flakes)

単層酸化グラフェン(スモールフレーク) 粉末
グラフェン酸化物は、水やその他の溶媒に容易に分散、巨視的フレーク状に分割、
主に1層の厚さです。グラフェン酸化物層は、約1.1±0.2 nmの厚さです。
色: 茶色 
組成: Carbon (79% ), Oxygene (20%)
フレークサイズ: 0.3 - 0.7 um
厚さ: 1 atmic layer (約50%)
型番 品名 容量 価格
GO-SM-1G 単層酸化グラフェン(Small flakes) 1g 62,000
酸化グラフェンナノ粉末

Single Layer Graphene Oxide

単層酸化グラフェン粉末
比表面積: 55 m²/g
色: 茶色 
組成: Carbon (79% ), Oxygene (20%)
フレークサイズ: 0.5 - 5 um
厚さ:1 atmic layer (80%以上)
酸化グラフェン層厚: 1.1±0.2 nm  
型番 品名 容量 価格
GO-005 単層酸化グラフェン 0.5g 45,000
GO-1G 1g 75,000

High Surface Area Reduced Graphene Oxide

高比表面還元酸化グラフェン粉末
比表面積:833 m²/g 
色: 黒色
固形成分含有量: 98% 
Carbon/Oxygen比: 10 : 5
平均フレーク厚: 1 monolayer  
平均粒径 (ラテラル): ~3 - 5 um
型番 品名 容量 価格
RGO-75MG 高比表面還元酸化グラフェン 75mg 40,000

High Porosity Reduced Graphene Oxide

高気孔率還元型酸化グラフェン粉末
比表面積- 400 m²/g 
色: 黒色 
固形分: 98% 
平均フレーク厚: 1 monolayer
平均粒径 (ラテラル): ~3 -10 nm
フレークには複数の開口部や穴があります
有機溶剤への溶解性を向上
型番 品名 容量 価格
HP-RGO-025G 高気孔率還元酸化グラフェン 250mg 45,000
HP-RGO-050G 500mg 75,000

Functionalized Single Layer Graphene Oxide

官能基化単層酸化グラフェン粉末
グラフェン酸化物とは異なり、この新しい材料は、種々の有機溶媒に溶解することができます。しかしながら、この材料は疎水性であり、水に溶解することができません。官能性グラフェン酸化物はポリマーおよびナノコンポジットのための補強材として、ならびに疎水性フィルムを製造するための多数の用途に使用することができます。
20〜40g/ Lという高い濃度で有機溶媒中に分散します
容易に超疎水性フィルムを形成
自然のままのグラフェン酸化物と比較した場合に大幅に改善された熱安定性
サイズ:1グラム
フォーム: 乾燥粉末
カラー: ダークグレー
フレークサイズ: 0.3~5um
厚さ: 1 atomic layer

有機溶媒への溶解度:
有機溶媒中で
官能基化グラフェン酸化物(ORG-GO)の溶解性を調べるために、約20mgの超音波バス
で5分間処理により、溶媒20mlにORG-GO分散


熱安定性:
自然のままのGO及びORG-GOの熱重量分析(TGA)を行いました。グラフェン酸化物粉末を200℃で近く、その重量の40%までを失う傾向があることが結果によって確認されるように、このGO表面から酸素含有基の脱離に起因する不可逆的な効果があります。これとは対照的に、ORG-GO粉末は、240℃までの任意の有意なウェイト減少を示していません。



ラマン分光法:
GOとORG-GOのラマンスペクトルの比較は、これらのスペクトルは、ORG-GOの面内構造は、官能基化によって、ほとんど影響されないことを示唆し、類似していることを示しています。

 
型番 品名 容量 価格
ORG-GO-500 官能基化単層酸化グラフェン 0.5g 60,000
ORG-GO-1G 1g 99,000

 

Graphene Oxide Foam Granules

酸化グラフェン(顆粒フォーム) 
グラフェン酸化物フォームは、水に容易に分散可能です
この高多孔質材料は、容易に水と極性溶媒を吸収することができます
親水性フォームは軽度の超音波処理を必要とし、酸化グラフェンはその後安定したままになります
純度: >99%
密度: 30mg/ cm³
平均顆粒サイズ: 3〜10mm
型番 品名 容量 価格
GO-FORM 酸化グラフェン(顆粒フォーム) 0.5g 36,000

 

Reduced Graphene Oxide Foam Granules

還元酸化グラフェン(顆粒フォーム) 
還元酸化グラフェンフォームは、約20mg/cm³の低密度を持っています。 この超軽量素材は、水の影響を受けずに、有機溶剤や油分を自重の3,500〜8,000%まで大幅に抑えることができます。 RGOフレークの重なりは、優れた導電性を有する機械的に堅牢なフォームを形成します。
純度: >99%
密度: 20mg/ cm³
平均顆粒サイズ: 3〜10mm

体積導電率: 5 ohm x cm

アプリケーション

吸収: RGOフォーム構造は疎水性であり、水によって濡れないので、収着材料として利用することができます。 有機溶剤や石油製品の顕著な吸収を示します。 減少したエアロゲルは、その重量の37倍まで真空オイルを吸収できることが示されています。
エネルギー貯蔵: 大きな体積抵抗率を示すので、電気化学的用途のための電極として使用することもできます。
センサー: 3Dガスおよびバイオセンサに理想的な材料です。 堅牢な3Dネットワークにより、デバイスに簡単に組み込むことができます。
コンポジット: ユニークな3次元構造は、グラフェン複合材料の特性に悪影響を与える最も一般的な問題である、グラフェンプレートレットの凝集を最小限に抑えるポリマーおよびエポキシ中の還元グラフェン酸化物の分散を促進します。
型番 品名 容量 価格
RGO-FORM 還元酸化グラフェン(顆粒フォーム) 0.5g 45,000