商品カテゴリから選ぶ
メーカーから選ぶ
商品名を入力

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2018年8月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

※赤字は休業日です

酸化グラフェンフィルムTEMグリッド
商品コード:
SPGO

酸化グラフェンフィルムTEMグリッド

関連カテゴリ:
電子顕微鏡関連 > TEMグリッド(グラフェン他)
Graphene Oxide TEM Grids

酸化グラフェンTEMグリッド

酸化グラフェンサポートフィルム
グラフェン酸化物はTEM用の薄い支持フィルムとしての明確な利点を提供します。酸化グラフェンの単層による背景のコントラストが超薄(約3nm)膜アモルファスカーボンの半分未満で、新しいアプリケーションやTEM高解像度観察に期待が寄せられています。酸化グラフェン膜の単層は一般的に<1 nmのため、ナノ粒子のTEM観察に理想的です。酸化グラフェン膜は、電子ビーム下ではほぼ透明です。
 
酸化グラフェン構造/組成

酸化グラフェンは改良ハマー'メソッド法を使用して、黒鉛粉末から合成されます。グラフェン酸化物は、ランダムに酸素官基(エポキシや水酸基等)がデコレートされたグラフェン状シートで構成されています。酸化グラフェン膜はグラフェン状炭素骨格に起因して、単層の厚さでもレース状カーボンまたはQuantifoilホーリーカーボンを覆っても十分な強さがあります。酸化グラフェン膜は親水性です。しかし、疎水性表面が必要な場合は、空気中で加熱することにより変更することができます[1]。
 
酸化グラフェンTEMアプリケーション
TEM支持膜として用いた場合、酸化グラフェン膜は強固、導電性、そしてほぼ透明です。低原子番号と薄い層により、従来の
支持膜よりも有意に低いバックグラウンドコントラストをもたらします。この超低コントラストは、従来のカーボン支持膜上で容易に解決できなかったナノ粒子またはナノワイヤ構造のイメージングに有用です[2]。 本質的に親水性であるその酸化グラフェン支持膜は、また重金属染色を必要とせずにおよびポリマー、高分子及び生物試料のイメージング、分析のために使用することができます[1]。酸化グラフェン支持膜は、特に未染色試料調製のために有用で、ガラス化生体高分子のクライオTEM[3]は構造決定のための高いコントラスト、より高い解像度を提供します。GOの結晶性は、他の試料の分析のためのいずれかの高分解能TEMまたは電子線回折[1,2]で便利なキャリブレーションとして使用することができる特徴的な回折パターンを与えます。酸化グラフェンフィルムはレース状カーボングリッド全体に単層から2層以上によって覆われています。平均してレース状カーボンフィルムの穴の50~75%を酸化グラフェンフィルムでカバーされており、それらの50%が単層になります。
 
References:
[1] A simple approach to characterizing block copolymer assemblies: graphene oxide supports for high contrast multi-technique
imaging Joseph P. Patterson, Ana M. Sanchez, Nikos Petzetakis, Thomas P. Smart, Thomas H. Epps, III, Ian Portman,
Neil R. Wilson and Rachel K. O’Reilly. Soft Matter 8, 3322 (2012). http://dx.doi.org/10.1039/C2SM07040E
[2] Graphene Oxide: Structural Analysis and Application as a Highly Transparent Support for Electron Microscopy. N.R. Wilson,
P.A. Pandey, R. Beanland, R.J. Young, I.A. Kinloch, L. Gong, Z. Liu, K. Suenaga, J.P. Rourke, S.J. York, and J. Sloan,
ACS Nano 3 (9), 2547 (2009). http://dx.doi.org/10.1021/nn900694t
[3] Graphene oxide: a substrate for optimizing preparations of frozen-hydrated samples. Pantelic RS, Meyer JC, Kaiser U,
Baumeister W, Plitzko JM. (2010) J Struct Biol. Apr; 170 (1):152-6.
[4] Pandey, Priyanka A. (2012) Structure and applications of chemically modified graphene. PhD thesis, University of Warwick.
http://webcat.warwick.ac.uk/record=b2654517~S1

酸化グラフェン/レースカーボンフィルムTEMグリッド

Graphene Oxide on on Lacey Carbon TEM Grid, Cu 300 mesh
酸化グラフェンフィルムはレースカーボンフィルムグリッド全体に単層から2層以上によって覆われています。平均してレースカーボンフィルムの穴の50~75%を酸化グラフェンフィルムでカバーされており、それらの50%が単層になります。
型番 品名 数量 価格
3870C-BA 酸化グラフェン/レースカーボンフィルムTEMグリッド
Cu, 300mesh(Hexagonal grid)
10/pk 35,000

酸化グラフェン on QuantifoilホールカーボンフイルムTEMグリッド

Graphene Oxide on Quantifoil Holey Carbon TEM Grid, Cu 200 mesh
Cryo-TEM、構造生物学における自動化された顕微鏡の用途に有用
型番 品名 数量 価格
4510C-BA 酸化グラフェン/Quantifoil Holey Carbon TEMグリッド
(Quantifoil R2/4, Cu, 200 mesh)
10/pk 45,000
Quantifoil R2/4仕様
グリッド: Cu, 200 mesh
カーボンフィルムホール径: 2um
ホール間隔: 4um