商品カテゴリから選ぶ
メーカーから選ぶ
商品名を入力

2020年2月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

※赤字は休業日です

VacSeal 真空リークシーラント
商品コード:
CAST9

VacSeal 真空リークシーラント

関連カテゴリ:
電子顕微鏡関連 > 高真空グリース
VacSeal II Vacuum Leak Sealant
高真空および超高真空システムにおける真空漏れをシールする
独自のシリコンベースシーラント

 

バックシール: VacSeal Original & Ⅱ

Vacseal®は、主に高真空および超高真空システムの漏れをシールするために開発されたシリコーンベースの液体樹脂システムです。クラス1のオゾン層破壊物質を含まないように改訂されました。 Vacsealは排気中のシステムで毎秒4ミクロンリットルの漏れをシールします。システムが大気圧にある場合、シーラントはより大きなリークを修復します。重量損失と蒸気圧特性は非常に優れています。 Vacsealはあらゆる種類の光学窓とCRTガラスをワイヤフィードスルーに密封するシーリング剤として極めて有用です。これは、金属のIR反射率を実質的に低減し、より良好な熱伝達のためにより高い放射率レベルを生成します。この製品は、レーザー用のブリュースター窓のシーリングに使用できます。また、ゲージチューブの修理や真空フィードスルーなどにも使用できます。

Vacsealは、極低温での接着剤として、また耐放射線性にも優れています。シーラントの耐久性は、製品に悪影響を及ぼすことなく、空間の環境に耐えることができます。乾燥した生成物は、液体ヘリウムから450℃までの繰り返しの温度サイクルに耐えます。
約400°Cの空気中ではVacsealは酸化を開始し、最終的には白色の粉末のみを残しますが、真空では酸素が存在しないため、約450°Cまで作動することが予想されます。

Vacsealは、他の真空シール製品とは異なり、形成されたポリマーは多くの炭化水素溶媒で除去できます。 未硬化ポリマーはトルエンで拭き取るか、さもなければ除去することができますが、硬化ポリマーにはメチルエチルケトン(MEK)や極端な場合には塩化メチレンなど、より強力なものが必要です。

アプリケーションノート
テクニカルノート


VacSeal Original
型番 品名 数量 価格
05049 Vacseal Original 真空リークシーラント (15ml)
塗布ブラシ付
1 12,000
05052 Vacseal Original 真空リークシーラント (59ml)
塗布ブラシ付
1 20,000
※VacSealオリジナルは、トリクロロエチレンを含有しています



VacSeal Ⅱ
(クラス1オゾン層破壊化学物質を含まないように改質 /トリクロロエチレン非含有)
型番 品名 数量 価格
05106C Vacseal II 真空リークシーラント (15ml)
塗布ブラシ付
1 12,000
05100C Vacseal II 真空リークシーラント (59ml)
塗布ブラシ付
1 20,000


 
VacSeal 真空リークシーラント