商品カテゴリから選ぶ
メーカーから選ぶ
商品名を入力

2018年12月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2019年1月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

※赤字は休業日です

シリコンチップ基板
商品コード:
SICP

シリコンチップ基板

関連カテゴリ:
高機能材料 > Wafer
電子顕微鏡関連 > SEM/TEM関連製品
電子顕微鏡関連 > 基板(石英, サファイア, ITO他)
5 x 5mm, 5 x 7mm プレカット シリコンチップ基板

シリコンチップ基板

Silicon Chip Substrates
シリコンチップ基板は、エレクトロニクスグレードの<100>シリコンウェーハです。 ガラスカバースリップに匹敵する滑らかさで高度に研磨されています。 SPMおよびSEM用途の基板として優れており、シリコンチップ基板は不透明であり、低電気抵抗率を示し、マイクロアンプが電流の点で関与するSEMにおいて本質的に「導電性」になります。 これらは化学的に不活性であり、使用前に化学的エッチング効果が懸念されることなくさらに洗浄することができます。 ガラスよりもはるかに高い温度に変化が起こることなく加熱することができ、ガラスでは不可能な特定の加熱実験を可能にします。
 
100mm(4 ")のウェハ全体を、個々のチップを簡単に分割できるようにプレカットしてあります。 
 
材料科学サンプルアプリケーション:
コロイドサイズのナノ粒子がFESEMのように高分解能で研究されている場合に使用します。 シリコン基板はガラスカバースリップの滑らかさを有し、高分解能SEMに必要な導電性をも有しています。 シリコン基板はいくらか導電性であるため、金属コーティングの必要性を軽減することができます。また、メタライゼーションが必要な場合は、コントラストを考慮して、オスミウムプラズマコーティングを推奨します。
 
ライフサイエンスサンプルアプリケーション:
表面平滑性はガラスカバースリップまたは顕微鏡スライド上に見られるものに匹敵するので、これは細胞の増殖およびマウントのための理想的な基板です。シリコンチップ基板の別の特徴は、ガラスカバースリップを使用しているかのように処理し、臨界点で乾燥させることができます。 また、シリコン基板は不活性のため、オートクレーブ処理することもできます。

基板厚さ: 460-530 um
研磨:片面のみ
配行: <100>
抵抗値:1-30 Ohms
導電性:P type(Boron)
粗度:2 nm
型番 品名 サイズ 数量 価格
4136SC シリコンチップ(pre-cut) 5 x 5 mm 269/wafer 20,000
4137SC 5 x 7 mm 180/wafer 20,000
シリコンチップ基板